フォト

おすすめセミナー・研究会

  • 中・四国心理相談員会
    事業所における心理相談担当者のための団体です。定期的に研修会を開催。一般の方も参加できます。 <メンタルヘルス支援者向け研修> ホームページよりお申し込みください。

リンク集

無料ブログはココログ

認知行動療法(CBT;Cognitive behavior therapy)

心理学的には人の行動・思考・感情はおおむね学習による結果であると考えられています。気分の落ち込み(うつ)や不安感、やるべきことを先送りにしてしまうことなども、過去の学習に由来する行動パターンや「思いこみ」によるものととらえられます。そこで、新たにそれらに対抗する学習をすることで、いままでの不適切な行動・思考・感情のパターンを修正することができるようになります。そのための効果的で具体的な治療技法が多数考案されており、それらの技法を主体的に学んでいくことが改善につながります。

  CBTは、自分の心の状態を客観的に把握し、効果が実証されている方法をもちいて自分で気分を改善していくためのセルフ・コントロール法であり、とくにうつ病や不安障害に効果が認められています。

 治療開始の際はクライエントさんが理解しやすいように詳細にご説明していきます。そして、標準的な治療手順に則って、体系的に進めていきますが、もちろん、クライエントさんの症状、理解度、やりやすさなどを考慮しながら、協調して進めていきます。

 およそ10回の治療で効果が見込めますが、心理検査などを併用することで治療効果を確かめながら実施していきます。問題によっては、数回で終了する場合もありますし、長期の治療を要する場合もあります。
 
 認知行動療法は治療を体系化することで、治療の質の均一化をはかっていますが、セラピストの力量によって効果に差が出ることはあり得ます。一定の力量を備えたセラピストがまだ少ないことと、診療報酬が少ないことから積極的に取り入れている医療機関もまだ多くありません。

 当所代表カウンセラーは精神科において行動療法を用いた集団治療(デイケア)を実践していましたので、行動的アプローチが患者さんの活動を活性化し、社会適応力が高まることを肌で実感してきました。

 また、平成15年から日本行動療法学会に所属し、研修を重ねるとともに、日本の認知行動療法における草分け的存在である故・松原秀樹先生(元西日本メンタルヘルスセンター総合相談室室長)に師事し、数多くの症例のスーパーバイズを受けてきました。現在は第三世代の認知行動療法と呼ばれるACT(アクセプタンス・コミットメント・セラピー)やマインドフルネスを取り入れながら、一味違う効果的な心理療法を目指しています。

 CBTを活かすには、共感によるクライエントとの信頼関係がなにより大切です。あらゆるクライエントさんから信頼を得られ、的確な援助ができる臨床家を目指して、学び続けています。

 詳細は公式サイトをご覧下さい。

心理カウンセリングオフィス広島心理教育研究所 メンタルヘルス相談室Cachette

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ 
 この記事がお気に召したら1日1クリックお願いします。
(ランクが上がるので…励みになります。)広島 カウンセリング カウンセラー うつ 不安 メンタルヘルス 

広島心理教育研究所

参考書籍リスト

  • E・V・ブリス&G・エドモンズ: アスペルガー症候群への解決志向アプローチ
    誠信書房 (★★★★★)
  • P.A.アルバート、A.C.トルートマン: はじめての応用行動分析
    二瓶社 (★★★★★)
  • Z.V.シーガル,J.M.G.ウィリアムス,J.D.ティーズデール: マインドフルネス認知療法
    北大路書房 (★★★★★)
  • デビッド・D・バーンズ: もういちど自分らしさに出会うための10日間
    星和書店 (★★★★★)
  • デビッド・D・バーンズ: いやな気分よさようなら
    星和書店 (★★★★★)
  • レイモンド・G・ミルテンバーガー: 行動変容法入門
    二瓶社 (★★★★★)
  • 杉山尚子、島宗理、佐藤方哉、リチャード・W・マロット、マリア・E・マロット: 行動分析学入門
    産業図書 (★★★★★)